アトピー・じんましん・乾燥肌

じんましん

じんましん(蕁麻疹)は、症状が出始めてから1ヶ月以内の物を急性蕁麻疹、それ以上続くものを、慢性蕁麻疹と呼びます。急性蕁麻疹は、食べ物・薬(薬のアレルギー)等や感染症等が原因となります。普段は摂取して問題ない食物でも体調により摂取後に蕁麻疹が出る事もあります。それに対し、慢性蕁麻疹はストレス・環境要因等が発症の要因となりますが、原因が特定できない場合がほとんどです。多くは夕方から夜にかけて出現しやすく、ストレスで悪化傾向があります。治療については抗ヒスタミン剤内服が一般的ですが、重症の場合はステロイドの内服や点滴が必要になることもあります。原因がある場合はアレルギーを起こす物質を回避する必要があります。

お電話はこちら
タイトルとURLをコピーしました